応急処置の方法を知っておこう

早めに対応しなければいけない

瓦の状態を確認しよう

屋根に、瓦を使っている住宅が多いと思います。
瓦がずれている場合は、正しい位置に直してください。
それだけでは再び位置がずれてしまうかもしれないので、コーティング剤で固めておきましょう。
ホームセンターに行くとコーティング剤が販売されているので、買ってきてください。
また瓦にひびが入っている時も、コーティング剤で応急処置ができます。

コーティング剤があれば、屋根の応急処置は簡単にできるでしょう。
万が一の事態を想定して、購入しておくのがおすすめです。
自宅にコーティング剤を備えていれば、雨漏りに気づいた時にすぐ応急処置ができます。
雨漏りはいつ起こるかわからないので、急に起こっても良い対策をしておきましょう。

ブルーシートを使った方法

雨漏りの範囲が広い場合は、コーティング剤だけで応急処置をするのは大変です。
それよりも簡単な方法があるので、そちらを使ってください。
ブルーシートをかぶせておくのが良い方法です。
すると室内に雨が侵入してくることを回避できます。
ブルーシートもホームセンターで販売しているので、雨漏りの範囲が思ったよりも大きかった場合に使いましょう。

ブルーシートのサイズはいくつかあります。
小さいサイズを購入してしまうと、雨漏りが起こっている部分をすべて隠せないので困ります。
まずは雨漏りが起こっている範囲が、どのくらいの広さなのか計測しましょう。
その部分に使用で切るサイズのブルーシートを、ホームセンターで見つけてください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ