応急処置の方法を知っておこう

なぜ雨漏りが発生するのか知る

築年数が経過している住宅

劣化することで、雨漏りが起こりやすくなります。
ですから新築の住宅で暮らしているに人より、古い住宅で暮らしている人の方が雨漏りの被害に遭う危険性が高いです。
自宅が建設されて、どのくらいの年数が経過しているのか調べてください。
雨漏りが起こったら、防水テープを貼るという応急処置の方法があります。
瓦のずれている部分に、防水テープを張ってください。

すると雨が侵入してきません。
築年数が8年から10年が経過すれば、劣化が目立つと言われています。
そのくらいになったら、屋根を定期的に確認してください。
また自宅を隅々まで調べて、雨が侵入している部分がないか調べましょう。
危険な箇所が見つかったら、とりあえず応急処置をしましょう。

大雨のあとはよくチェックしよう

大雨が降ったあとや、台風が経過したあとに瓦に異変が見られることが多いです。
その時は普段より、念入りに屋根の状態を見てください。
屋根は雨風のダメージを最も強く受ける部分といっても、過言ではありません。
台風が通過しやすい地域で暮らしている人は、屋根が劣化するスピードが早いと覚えておきましょう。

いろんな方法で応急処置ができるので、その時に合った方法を選択しましょう。
間違った方法で応急処置をしても、雨の侵入を防げません。
それでは放置しているのと同じなので、応急処置をしても油断しないでください。
雨の侵入をしっかり防ぐことができているか、確認してください。
まだ雨漏りするようだったら、別の方法を使いましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ