応急処置の方法を知っておこう

業者に修繕してもらおう

古くなった瓦を交換しよう

屋根に使っている瓦に問題があって、雨漏りが起こるケースが多いです。
業者に相談すると、新しい瓦に交換してくれます。
応急処置をしても、そのまま放置することはしないでください。
早めに瓦を交換してもらいましょう。
修繕の費用は、雨漏りの起こっている範囲によって変わります。
狭い範囲なら交換する瓦の数が少ないので、安い費用で済ませることができます。

範囲が広くなると、それだけ使う瓦の数が増えます。
修繕の日数も長くなるので、費用が高くなると覚えておきましょう。
事前に見積もりを聞いて、依頼するか判断してください。
見積もりの結果が高額だと感じたら、他の業者を選択しても良いと思います。
予算内に収まる業者に、修繕を任せましょう。

漆喰を使っている住宅の場合

住宅の中には、漆喰を屋根に使っている種類があると思います。
年数が経過すれば、漆喰は崩れてしまいます。
そんな時に、雨漏りが起こります、
まずは、崩れている漆喰を取ってください。
すべて綺麗に取れたら、新しい漆喰を埋めていきます。
どこの業者でも漆喰は扱っているので、屋根の修繕を受け付けてくれると思います。

雨が続いている時は、工事を進めることができません。
いつ雨が降るかわからないので、天気の良い日に早く修繕してもらいましょう。
業者に依頼したって、すぐに工事を実行してくれるわけではありません。
屋根の状態を確認したり、見積もりを出したりなどいくつかの工程を挟みます。
それから工事に進むので、時間が掛かると覚えておきましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ